BEYOND THE PARADISE

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧




ささやかにおめでたきものもの

風邪ひいた
先週のとある夜に
たぶん高熱をだした
けど眠たいのが勝ってしまったので寝てた

金曜はまだ病気っぽさが抜けずにいたので
”細胞レベルで調子が悪い”
といったら
師匠その1はその日ずっとそれでウケていた

細胞レベルってそんなに笑えるのかな

今日はまぁまぁ問題なかったけど
どっちかっていうとヒマでもあったし
のど飴をスティック一本消費してしまったし
帰ろうかと画策してて

そしたら自分宛の来客がちょこっとあったので
帰れなくて
そしたら
帰んなさいといわれた

経理締めとか連日の会議のあとしまつとか
もはやいないと困るのだといわれた

それは
わたしに休まれなどしたら
すべて予定が狂うというか帰れないから困るということらしいが
それでもなんとなくうれしくて

来客もタイミングよく来て帰ってくれたので
持ってきてもらった書類も
問題なさそうだったので

めでたしめでたし
ということでいいんだと思う
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-31 20:54 | 単なる日記

珍しい名前 / 応急処置

珍しい名前の人を
わざわざ入れてるんではないかと
勘繰ってしまいそうなくらいに
社内ならびにグループ内には珍しい読みや表記の苗字が
あふれている

ゆえに
電話で正しく聞き取れなかったり
逆に聞き取ってもらえなかったり
大切な書類でミスがあったり
といったことが日常茶飯である
そんなときは
自分のフツーの苗字がちょっとどころかかなりありがたい

フロア内線表とか
ぜっったい面白いと思うんだけど
ここで公開できないのが残念なくらいだ




先週から
いーやーだーなーーーーーー
って思ってた作業が実質半減した
ホッとした

行きがかり上の出来事なのだけれど
その作業の出来が
第2四半期の自分の業務評価に直結するものだったから
(まだ給料には響かないけど)
なにか対応策をこっそり練らないといけない

前もって立てた目標以外に”これ”をしました!!!みたいなこと
そういうことで
いまの私にできることって
一体なんだろう

っていうか
こうなることを
上司は把握してたんじゃないのか

だとしたら
相当な窮地に立ってしまったんじゃないかという気が
しなくもない
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-25 20:44 | 単なる日記

むかしむかしあるところに

あるところにひとつの国がありました
かの国はできてからそこそこ長い歴史があり
その歴史の中で
2度ほど危機を迎えつつも
実り多き国としてその名を馳せておりました

長い歴史の中で
国はおよそ50におよぶ領邦を従えるようになりました
領邦はそれぞれに使命を持ち
国の繁栄を下支えしました
近年長く続いた不景気に
蝕まれなかったといえばうそになりましょうが
かの国の繁栄に傷を付けるほどの影響は与えられませんでした



時代がめぐり
かの国に連邦政府が形成される運びとなり
それに従い
多くの領邦を統率してきたかの国は
領邦のひとつとして連邦に加わることとなりました

大きな影響力を有するかの国を領邦にすることには
非常に困難を伴うことはわかっておりましたが
時代の要請と
国外の情勢そして
共和政を敷いた偉大なる元国王の崩御が
連邦制による効率化を求めることとなったといえましょう

国外情勢が動き出すと見られるのは
もう少し先となるのですが
新たなる連邦を擁しすることで
何が起きても乗り切れるための力を手に入れることを選んだのです



この春
領邦に加わったかの国は多くの官僚を迎え入れ
そしてその中で2人をできたばかりの連邦に派遣しました

たった2人派遣された官僚は
連邦でさらに別の支配系統に分かれて所属しました
もともとかの国で名高いさまざまな分野での専門官が
連邦にはそろっておりましたが
なにぶんにも造られて間もない組織ですべきことは山のようにあり
2人はすぐにその波に飲み込まれるようにして日々を過ごすことになりました

そう長くないうちに2人は
専門官たちの尋常ならざるパワーと知識に圧倒されるとともに
自分たちのその先の処遇の不透明さに一抹の不安を抱くようになります
適切な判断のもとに派遣されたという事実を
しかと認識しているはいえ
そこに存在することの意義を見失いそうになることも少なくありません

2人に明日はあるのでしょうか
あるとしてそれは奈辺にあるのでしょうか

しかしながら
それは誰もあずかり知らぬこととしか申し上げようがないのです
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-22 22:41

個人ミッション

大学の同窓生の友人と会ってきた
よくよく考えると
栄えある1人目のような…
先輩とか後輩とかには会ったし
メールや電話でほかの同窓生と連絡取ることはあったけど

生活のバランスがとれ
仕事も視界全体で捉えられるようになってきた
ちょうどそんな時期にそっと連絡をくれる
そんな彼女と友人であることが
素直にうれしい

たくさん話したけど
私は
「出会い探し」を
中長期的個人ミッションに掲げるべきだと
彼女は言う

職場はNGだと
では
どこを探したらいいのか
それがいまいちどころかさっぱりわからないんですけども
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-15 21:32 | 単なる日記

敏感なひとになること

月に一度やってくる怒涛の3日間
その山場を今月もしっかりとやり過ごした

初めて仕切ってから3度目
自分で仕切るようになって2度目

見せ場ではある
しかし1日ごとに美しくフィニッシュをきめるには
いま少し手が届かない
じつはそれがすごく悔しい
来月こそは決めて見せますこんちくしょー。。。


まぁ
だいぶ周りの人や受話器の向こうにいる人が言っていることを
理解できるようになってきたとは思う
でもまだまだ足りない
細やかさとか基本的な分析的視点とか専門用語とか仕組みとか

人事考課も書かされないくらいだから
猶予期間ではあるんだろう

しかし
仕事のロードマップがだいたい見えてくるのに
自分の先が見えないってのは
正直こまる

というわけで
今更かもしれないけれど
業界のことをちゃんと勉強することにした
研修もろくになかったことだし
自分の会社のことが一番面白いといえばそうなのかも知れないが
間違いなくXデーは近づいてるし

机の上とフォルダ内が片付かなくても
テレビもってなくても
マッチ売りの少女みたいとか言われても
自分の幅を広くもって敏感に反応できる人がいいなぁ
と思うのです
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-12 20:57 | 単なる日記

unagizm

A unagi restaurant is in the building on the diagonal line from ours.
In my office,there are custom having the restaurant's unagi at the lunch time
with colleagues twice a year.
That is the day we are given some bonus.

One of my colleague (she is the desk of unagi !!) was going to give up the event this year by some reasons.
And she said so at the morning meeting of my team.

But, some men was so sorry her decision.
In my heart, I think so,too !!
We spent more time for unagi than usually morning meeting
and control each schedule.

In the end , the event hold this year and make smaller than last year.

I don't know who and when start the event .
I feel so many peoples lovely heart in this event.

And so,
I'll have unagi at the meeting room with 12 colleagues from
exective officer to me(freshman)!!
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-06 22:13 | 単なる日記

賞与と夏休み

まったくもってオチのない日々ですが
笑い方とか普通のしゃべり方とか忘れつつある気がしますが
賞与と夏休みは頂けるようで

賞与については
人事チームからの説明会があった
(うちの部屋の人たちは忘れかけていた)

査定期間が1ヶ月半にもかかわらずいただけること自体が
ありがたいことだと思うけれど
(むしろ労働対価ではないお金をもらえるのがすごい)
先輩方にしてみれば私の受け取る額は憤慨できる額らしい
業績のいい会社なんだなーと改めて思う
そして
組織的には小さくて
手がけていることがことなので
絶対評価上乗せ制度みたいなのが適用されている
同期の大半がいる場所では
相対評価上乗せつまりは取り合いである
制度的には喜ぶべき待遇だけど
またしても広がる溝っていうかなんていうか
誰がいくらもらってるかとかどうでもいいけど
気分的にね

夏休みは
親が気にしてガタガタ言って来てるけど
(なんで社会人になったとたんに??)
上司たちが決めてないのに決められるわけない
というより、
担当業務スケジュール的に
規定どおりの休みはまず取れないって
2~3回に分けねばならないこと必至にて
もうほっといてくれたまへ


賞与は
とりあえず高価で足に良い
社内用サンダルを買うことに使おうかと
[PR]



by maki_y1116 | 2006-07-02 09:55 | 単なる日記

楽園の、その先へ
by maki_y1116
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

りんくたち

● 誤字脱人
yasufumi君の苦悩するブログ☆
● オデッサの白日夢
愛すべき友ヒロムさん。最近いよいよ壊れ気味。
● 志乃のなんでも日記☆
大学の友人でMRのしのぶちゃん@福島
● Speech is silver, silence is golden.
聡明なMiss Goddess of the wind嬢。
Gonna Be Hero 2nd
同じ大学・同じ苗字の彼とは某社のGDで出会いました☆
izumi's homepage
中高時代の友人いずみ嬢。凝っててカワイイ憧れのサイト♪
relax in the Garden
大学の友人ayukoの脱力系ブログ
過ぎ去りし日々をうたって
ロッテと音楽と勉強をこよなく愛するゼミ同期S氏。
ホットミート!
学類随一の熱い男その名もサードゲイ☆
さぼてんの会話
ギュッとした言葉の力をよく知っているAyuKo嬢
02:35
R&B好きな学類の友人marutinne。もうすぐ社会人。
FIELDNOTES
あるときは野球少年あるときはラーメン王あるときは象牙の塔の住人あるときは……
早川師匠のブログ。
Best Wishes
UKに進学したSophie嬢。今は働いてます。

SEVENTH HEAVEN
私の本棚。少しずつ作成中。

最新のトラックバック

作家 石田衣良
from 石田衣良の小説
愛がいない部屋
from 石田衣良の小説
温泉北海道
from 温泉北海道宿

ファン

ブログジャンル

画像一覧