BEYOND THE PARADISE

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧




気分は遅刻

久しぶりの会社
気分はぼやっとした感じ
遅れとかなんとかいうよりも”遅刻”に近い

今朝から
ゴキブリホイホイが2つ仕掛けられた
妙に甘い香りがする
こんなのにかかるんだろうか

仕事は
思ったとおり
たったの3日で話は2歩も3歩も向こうに行っていて
4つも5つも新しい工程表が引かれていた
あまり忙しくなかったので
ゆったりそれらを吸い込む時間はあったし
そういうところに絡め取られるような仕事は求められていない

アタマがヒマだろうがなんだろうが
明日を有効に使えば
それで来週を乗り切れる
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-31 22:06 | 単なる日記

晩夏の都市を愛でる方法

1日目
新幹線1
  爆睡のうちにつく。味噌カツとお嬢様の国。
スーツ
  新調。思ってたのより堅めにしたけどそんなもんかな。
  スカートとパンツだと採寸・デザインのポイントがだいぶ異なる。面白い。
香水
  母上の香水を選定。
  わたしセレクトのディオリッシモ現代版的香りを即購入。
ランチ1
  回転すし。焼いてない魚を食べるのは母も私も久しぶり。
  到着から姿を見てない父は会社いるとか。
中華
  隣県にいる友達と会う。
  すごい量の中華コースを食べ、名刺交換、液晶テレビを見学。
  やっぱテレビ買おうかなとか思う。

2日目
駅への道
  あの日本を背負ってたってる企業のビルが、
  ホテルを背に聳え立っていた。
  海外営業部隊が東京を引き払って移転してくるらしい。
  それを当て込んだ各種マンションが売られはじめたらしい。景気のいい話。
シャツ
  秋のオフィススタイルはシャツにすることにする。
  なんとなく。マニッシュにいこう。
  秋冬ものを1からそろえねばならないことに嘆息。
野球
  地元のチームは第一優勝候補。
  そろそろスーパーでも応援歌が流れるとか流れないとか…。
  球場へ向かうクルマの列に巻き込まれそうになる。

3日目
新幹線2
  思いつきで母上が東京までついてくることになる。あれ?
ランチ2
  閑静なところ。
  黒塗りが音もなく出入りして、本日のお客様欄に有名政治家の名前が。
  良い材料を惜しみなく使ったランチもデザートもものすごくおいしい。
タクシー
  20数年前に働いていた街を懐かしむとともに目的地に行く、そのためだけに
  タクシーをつかう。
  ¥1140。そんなもんか。価値はあった。
IT長者の街
  思いつきで映画を見る。いい映画だった。

4日目
ランチ3
  舌平目のムニエルで幸せ。
  10年後どうありたいかを選び取るべく真剣にお金を使おうと思う。
  セレクトショップでお土産を買う。
  あまりお金を使ってないから問題なし。でも周りにならってカード決済。
  外国人はこういうところでも短パンスニーカールックで許されるのがすげぇ。
プラプラ
  ミックスジュース飲んだりとか、弁当買って、私の分もあったりとか。
  職場に近いところでふらふらして、サボりっこみたいな気分を味わう。
買い物
  母を見送ってから買い物に行くも、目的の3分の1しか達成できず。
  やはし土日に済ますべきだったか。



あした1日で夏休みはおわり。
べつに、会社に行きたいとも思わないけど行きたくないとも思わない。
総括は敢えて、なし。
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-29 21:26 | 単なる日記

ないしょだけどさ

むかし妹と
「ひみつなんだけどさーー」
という接頭辞(?)をつけてとにかくしゃべる遊びをした覚えがある


チームでは
相変わらす変な子だと思われている
こんなに変人扱いされるのは人生で初かもしれない
いままでの私はある意味においていい環境にいたのだなぁと
ひそかに嘆息
テレビがなくてそれでも基礎的情報に欠けていないのは
そんなに怪しいのか??

親愛なる係長は
同じ部屋の別の島にいる某お兄さんを私に大プッシュ中
いや、ただスティックのり貸してただけだし…
組織としての年齢バランスが良いすなわち
20代は決してというかまったく台頭していない
となると、そもそもの選択肢が少ないんだってば
いくら係長と奥様のなれそめが”席がとなり”だったからといって
すこしも芽生える気がしません…

それはどーでもいいけど
休暇がやってくる
土日入れて5日
それほど何もしなくていいのは
少なくとも約2年ぶりなんじゃないかしら?
どこいくのとかなにするのとか聞かれるけど
むしろ何していいのかわかんない

とりあえず
この4ヶ月会社しか行ってないから
(うおー文字にするとなんかシュールな感じがする)
それがないことを満喫する
ちょっとストレス溜まってきた感もあるし丁度いい

ほんのちょこっと実家に顔出して
あとはぼんやりします
おいしいもの作って食べて
芥川賞・直木賞の掲載誌を母にもらったので
それを読んだりとか

会社の人には
「別にどこも行きませんでした。
プール行って昼寝して
ご飯作って
本読んで
終わり。
なにしていいかあんまりわからなくて」
と報告するから
お土産も買わないから

だから内緒ね!!
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-24 23:26 | 単なる日記

google's mail

I got new mail account.
No reason.
I want.
it's only reason.

But,so I have 5 or 6 adress of e-mail at glance.
There is not important I need it or not.

Must I decrease my account ?
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-23 22:26 | 単なる日記

virtual and value

すぐ一週間経つ

大きめの本屋さんで
雑誌とか買って帰宅
ファッション雑誌読まないって言って
この前驚かれたけど
あまり有益と感じないからしょうがないじゃん
ウェブ2.0とかよくわかんないけど
でもこれは知っておくと公私共に役に立ちそうな予感
世の中はあたしたちが思うよりずっとアナログだ

さらりーまん生活はあまり起伏がないので
何を書こうか考えると結構ツボに嵌る
仕事内容も書けるものではないし

今日は
会社で18時を過ぎてから
上司が思い立っての席替え
業界が業界なので
あっという間に終了
新しい席は良くも悪くもないが
これまでとは少し違った意味で人の目にさらされるのは確実
新たな修行

目下の楽しみは
来週
たった1人私と同じカテゴリに配属された同期と
ご飯を食べに行くことだ
お店を選ばなくては


~今週の教訓、というか当たり前のこと~
・エクセルの表は完成版を送付する前にプリントアウトして
 計算式のずれや、罫線の不備がないか確かめる。
・数の決まってる書類は提出時に全部そろっているか数える。 
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-18 22:14 | 単なる日記

重力ピエロ

文学賞の候補作には、やはりそれなりの中身がある

b0066152_2030326.jpg


伊坂幸太郎『重力ピエロ』新潮文庫2006


伊坂さんの作品を読むようになったのは社会人になってからだ。本の趣味を信頼する友人からその名前だけは聞いていたけど、最近の大ヒットブーム(?)で書店で本を選ぶのにますます苦手意識が募ってて、手に取るまでには時間がかかったということに他ならない。ラッシュライフ、オーデュボンの祈りも読んだから、気が向いたら載せます。とりあえず直近のをかいてみようと。
直木賞にノミネートされたのは知ってた。選評見たような気がするから。テーマ勝ちだろうと思う。ミステリーとしては底が浅い。わたしはミステリー不得手だからオッケーだけど。つまりは、遺伝を超えた親子・兄弟関係をひたすらまっすぐに問うた姿勢に評価があったということだ。親子関係ひいては血縁があれば何でもオッケーか?それは違うとしりつつも、なにもかもに血のつながりを求め、それを正当化する怪しげなところが日本人にはある。最近の日経のコラムにもちょっとそれらしいことが何回か書かれていた。別に誰の子であってもいいじゃないか。血のつながりも育てたひとから受け継ぐものもどちらも現実で、どっちがどうとかいうもんじゃないだろう。最後のシーンで酒盛りをする兄弟の在り様が答えだ。そこがのりこえられない限り日本人は絶滅危惧種への道を歩むのではないかと思ってしまうのは私だけだろうか。
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-12 16:00 | 観・聴・読

箱根の坂

通勤読書。これで約30分は結構楽に過ごせる。

b0066152_19404854.jpg


司馬遼太郎『箱根の坂』(上・中・下)講談社文庫・新装版2004


北条早雲(1432-1519)のお話。
個人的な感情をあらわに述べるとしたら、表題の“箱根の坂”への到達にたどり着くまでが長かったということがまず初めにいえる。しかしそれは、司馬大先生の着眼点が悪いというわけではない。伊勢新九郎として応仁の戦火を潜り抜けて来た半生を、約3分の1の文章量をかけて丁寧になぞり、その後に反映させているところはとても良い。だが他人の倍ほどの年月を生きているという点が、なんとなくかすんでしまっているのは惜しい。まぁそういう論点は世相を映すものでもあるから、難しいともいえるのだが。一方で、守護・地頭の義務と責任あるいは、そういったものを超えて寄られるものと寄るものの関係がどうあるべきかという問いかけは、今に通じるものが感じられる。あの静かな佇まいのお墓にまた行こうと思った。
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-11 22:40 | 観・聴・読

体質

基本的には健康だ
貧血がお友達だけどそれも10年の付き合いになるので
普段から意識してコントロールすればたいして問題にはならない
じんましんも
代謝が悪くなってたり嫌なことがあったりするのが主因だし
ほんとにそれ以外のことでトラブルはない

…はずだったんですけど
悲しいかな
しばらく
お酒を飲まない生活にせざるを得ないようです

症状は
人様に迷惑のかからない内容だけど
徐々にエスカレートしていて
自分がつらいので
それがベストかな、と

オフィシャル(主に歓送迎)しか飲み会のない職場で何よりといえるけど
飲み会に行って飲めないのはつまらない
それほど飲むひとではないけど
雰囲気がすごく好きなんだということに
いまさらながら気づいたりとか

まぁ
現況や遺伝から見ても
体質は変わるものなので
ずっとそうだと決まったわけでもないし
うまいコントロール方法があるのかもしれないんだけど
とりあえず目先の飲み会1件、歓迎会1件を想うと
どんよりな気分であります
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-06 22:47 | 単なる日記

おもしろあんてな

ひとことで「上司」といっても
基本の2人以外にもいろいろいるし
つきつめればうちの30余名は究極の上司を3人もっているし
あまり使いたくない表現なのだが

いちばんわたしにいろいろ伝授してる上司は
たった2人配属された
私ともう1人の
存在自体がおもしろいという

とくにいつも面倒を見る(ことになっている)私については
テレビを持ってないこととか
ファイリング能力がいまいちなとことか
テレビがないのに基本的な情報がよどみなく頭に入ってるのとか
その他もろもろ
とにかく面白いと思うのだという

今日は
化粧品のカウンセリングで使った
肌の明るさを測る機械について説明をしたら
わたしの説明の力点がおかしいといって
笑っていた

昨日は「おもしろいことない?」
といわれて話をしたことが
イマイチ
と評されたのでちょっとホッとする

私はいままで
あまりおもしろいといわれた経験がない
まわりにおもしろい人がもっといたし
人を面白がらせることに心を砕いたことがない

だいたい人を面白がらせようとしてる人が
結構苦手だったりとかすることも
少なくなくて

そんな私が
わりとまんべんなく
隣の部屋のチームのお兄様たちと情報交換するなど
マメで地道なネタ探し

この歳で
などど思わなくもないが
ものは経験
事業戦略や数値についてまだまだ肌でジャッジできない私には
悪くないトレーニングなのかもしれない
[PR]



by maki_y1116 | 2006-08-04 21:58 | 単なる日記

楽園の、その先へ
by maki_y1116
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

りんくたち

● 誤字脱人
yasufumi君の苦悩するブログ☆
● オデッサの白日夢
愛すべき友ヒロムさん。最近いよいよ壊れ気味。
● 志乃のなんでも日記☆
大学の友人でMRのしのぶちゃん@福島
● Speech is silver, silence is golden.
聡明なMiss Goddess of the wind嬢。
Gonna Be Hero 2nd
同じ大学・同じ苗字の彼とは某社のGDで出会いました☆
izumi's homepage
中高時代の友人いずみ嬢。凝っててカワイイ憧れのサイト♪
relax in the Garden
大学の友人ayukoの脱力系ブログ
過ぎ去りし日々をうたって
ロッテと音楽と勉強をこよなく愛するゼミ同期S氏。
ホットミート!
学類随一の熱い男その名もサードゲイ☆
さぼてんの会話
ギュッとした言葉の力をよく知っているAyuKo嬢
02:35
R&B好きな学類の友人marutinne。もうすぐ社会人。
FIELDNOTES
あるときは野球少年あるときはラーメン王あるときは象牙の塔の住人あるときは……
早川師匠のブログ。
Best Wishes
UKに進学したSophie嬢。今は働いてます。

SEVENTH HEAVEN
私の本棚。少しずつ作成中。

最新のトラックバック

作家 石田衣良
from 石田衣良の小説
愛がいない部屋
from 石田衣良の小説
温泉北海道
from 温泉北海道宿

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧